top of page

About me

 

Photographer Profile

岡村 麻衣子 1981生まれ

 

家  族

 

4人の男児と夫の6人暮らし

保有資格

 

看護師、保健師、養護教諭1種

ニューボーンフォト・写真撮影に関する学び

 

UMARE 個人ワークショップ受講

UMARE オンラインサロン

wildberry newbornphotography  撮影同行・ライティング講習
ニューボーンフォトカレッジ

ビギナーコース/アドバンスコース/マスターコース

Kelly Brown online 

Kotori photography editing​ workshop

Daniela Ursache | Newborn Photography Workshop 

​たった一つの笑顔の法則

Kaori photography(studio makes)​ロケーションフォトWS

 

  歴

 

護師として総合病院勤務

2004〜 循環器内科病棟3年勤務

市町村保健師として市役所勤務

2010〜2021 母子保健担当 11年勤務  

2017  ニューボーンフォトの魅力に

どっぷりハマり勉強開始

個人ワークショップ、撮影同行

オンライン講座で学び

モデル撮影で経験を積む

2018  開業を決意。準備を始める

2021 . 4   マルの木 photo & aid​ 開業

 

          

 

 

写真のこと

 

 

私が写真を撮る理由は2つあります。

 

一つ目は、

「写真=記憶」として残しておくため。

 

 “かわいいから撮る”、というより

その時の状況が思い浮かべられるように

撮っておく、という感じです。
子どもらしい表情やママやパパが見ていた景色、

​子どもたちのと様子など・・・

泣いていても笑っていても

​汚れていても怒っていても、

あとで見返したときに

「こんなこともあったな」と

ほっこりできるような写真が撮れるよう

心がけています。

 

 

二つ目は、

「写真=人が笑顔になるためのツール」
 

すべての子どもたちが笑っていられるように…

お母さんや、周りの大人が

笑顔でいてほしいのです。

そのためのお手伝いとして、写真を撮っています。

写真には人をしあわせにする力があると思っています。

 

 

 

ニューボーンフォトついてのこと

 

私が目指すのは、

壮大なお産を乗り越えた

お母さんへのご褒美であり、

癒しであり、

これからの育児への励みとなる

「産後ケアとしてのニューボーンフォト」。

撮影中は我が子のかわいさに癒され、

ゆったりと満身創痍の体を休めながら

撮影を見守っていただきたいと

思っています。

 

写真については、

極力装飾をせずシンプルに、

特にポージングとアングルに

こだわっています。

なぜなら、首の角度一つとっても、

赤ちゃんのかわいさが格段に違うからです。

 

あっという間に過ぎ去る新生児期の貴重な姿を、

最大限にかわいく神秘的にアートとして残せる。

 

そこに大きな魅力を感じています。

 

 

スタッフ写真-5.jpg
bottom of page